eimy istoire ♡ロングチェスターウールコート ブラック
 
その六本木も昭和20年8月15日の終戦によって町の様子を一変させる。日本の軍隊のあとにアメリカ軍が進駐してきたのである。陸軍の敷地はアメリカ進駐軍によって接収され、そこにバーディバラックと呼ばれる兵舎が建てられていった(現在、防衛庁のあるあたり)。
 
日本の陸軍の町が、終戦後アメリカ軍の町に一変したのである。そして米軍相手のさまざまな店がつくられるようになった。現在、六本木は外国人が多い町として知られるが、その元は、終戦後のアメリカ軍の駐留にあると言っていいい(さらにそのもとには日本の陸軍の町だったことがある)。
 
昭和20年代、オキュパイド・ジャパンの頃の六本木は、米兵はじめアメリカ人の多いいわゆる「東京租界」で、日本人はなかなか近寄れなかった。2000年7月に出版されて話題になった話題になったロバート・ホワイティングの『東京アンダーワールド』(角川書店刊)は、ピザを食べさせる有名なイタリア・レストラン「ニコラス」の店主が実は、裏社会とも関わりがあったことを描き出している。「東京租界」の時代ならではの物語である。

そのアメリカの時代も昭和27年(1952)の対日講和条約の発効によるオキュパイド・ジャパンの終息、さらに昭和28年の朝鮮戦争の休戦によって変わってくる。日本の社会が次第に戦後の混乱期を脱した頃である。六本木は「東京租界」から徐々に日本人の暮らせる所になる。とはいえアメリカ時代の名残はあり、米兵相手はクラブ、バー、レストランが相変わらず多かった。
 
作家の野坂昭如は昭和32年から2年ほど六本木に住んだ。随筆『東京十二契』(文藝春秋刊、82年)のなかで当時の六本木のことをこう書いている。「20軒ほどのバァ、それに品の悪い骨董屋、中国名の洋服屋は目立ち、進駐軍専用として、青山一丁目近くにコスモポリタン、飯倉にゴールデンゲート(があった)」まだどこか「東京租界」の雰囲気が残っている。文中の「コスモポリタン」とは野坂昭如によれば日本で最初にボトルを預る、いわゆるボトルキープをはじめたクラブだという。
 
朝鮮戦争が終わり、米兵が少なくなるにつれて、次第に「東京租界」の雰囲気が薄れてくる。「31年頃から、バァやクラブは、日本人客を歓迎しはじめた。」(『東京十二契』)。

絵画 水彩画 ツワブキ

「六本木族」と呼ばれる若者たちが夜遅くまでたむろして、マスコミの話題になったのはこの頃。昭和34年以降である。若い日の加賀まり子や大原麗子は当時、六本木で遊んだ若者のひとりである。「ハンバーガー・イン」「ニコラス」「香紀園」、あるいは「チャコ」「シマ」「ミスティ」といった店が彼らのたまり場になった現在の六本木のにぎわいは、この頃から作られるようになったといっていい。昭和33年に、六本木の先の芝に東京タワーが完成し、六本木が「世界一高い塔に一番近い町」になったことも、はなやかさを作った一因だった。
 
【日本未発売】フルートバック

1万円玉
 
昭和36年には渡辺マリの歌う「東京ドドンパ娘」が大ヒットし、その歌に合わせて踊る若者たちが六本木にやってきた。いわば第2次六本木族である。六本木の中華料理店で知り合った少年と少女が心中して果てる笹沢佐保の小説「六本木心中」が話題になったのもこの頃、昭和37年である。

グラミープラス 3個+おまけ1/2個 その他
グラミープラス 3個+おまけ1/2個 その他
423053605-11764-5tv
6,370円 9,800円
グラミープラス 30粒 3袋セット, 効果なし?】グラミープラスの口コミ・評判から検証!実際の体験談も , XfeuyJXgLiqmUharDXBC.jpg, ECPpRaYGRrgfUNjDBcCV.jpg, vAvQLayUIddqzDScNKbN.jpg, maxresdefault.jpg, Amazon | 【NEW】GlammyPlus グラミープラス (30粒入り) | GlammyPlus

商品説明

賞味期限2枚目の写真

3枚目の開けてしまったのもおまけでつけます。
何個残ってるか数えてないですが半分くらいあるかと思います。
賞味期限も二枚目と同じです。
いらなければ処分して下さい。

グラミープラス 30粒 3袋セット
効果なし?】グラミープラスの口コミ・評判から検証!実際の体験談も
XfeuyJXgLiqmUharDXBC.jpg
ECPpRaYGRrgfUNjDBcCV.jpg
vAvQLayUIddqzDScNKbN.jpg
maxresdefault.jpg
Amazon | 【NEW】GlammyPlus グラミープラス (30粒入り) | GlammyPlus

この頃から、六本木は「東京租界」から完全に若者の町へと変わっていった。そして、六本木をさらに変えたのが、東京オリンピックがあった昭和39年(1964) の地下鉄日比谷線の開通である。それまでも都電、バスはあったが、六本木には鉄道がなく、東京の中心にありながら交通の不便なところだった。それが、日比谷線の開通によって変った。銀座が近くなった。渋谷も、乗り換えはあるが以前より近くなった。

ポムリエ pomrie カシオ CASIO スタンプメーカー STC-W10

「かくして私は、通学のためでなく、せっせと六本木に通った。第一次のディスコブームで、横須賀に米軍の船が着くと、夕刻には米兵がディスコに溢れていた。懸命に新しい振りを覚え、女の子に声をかけた」
 
大沢在昌は、70年代のはなやいだ六本木を「この街は、毎日がクリスマス・イブみたいだ」と評しているが、それは、現在の六本木についても言えるのではないだろうか。80年代に六本木はさらに変貌する。アクシス、フォーラム六本木といったファッションビルが出来る。映画館、本屋、CDショップがミックスしたAV空間、WAVEが開館するなど、六本木は従来の享楽的要素を新たに、おしゃれ、知的な要素が加わった。とりわけ、いまやなくなってしまったがWAVEが果たした役割は大きかったと思う。

以上、六本木の歴史を、軍隊の町、アメリカの町、若者の町と見てきたが、この町には実はもうひとつ隠れた特色がある。きらびやかな表通りのために忘れられているが、六本木は実は古いお屋敷町なのである。それも、もともとここが江戸市中のはずれだったため、明治以後、華族や実業家の広大な屋敷が作られたためである。

現在、東洋英和女学院のある鳥居坂周辺にかすかにその面影があるし、スウェーデン、フィンランド、スペインなどの大使館が多いのもお屋敷町の名残である。三島由紀夫の後期の代表作「豊穣の海」の舞台は、鳥居坂界隈の華族の屋敷になっている。

戦前の「麻布区史」を読むと鳥居坂周辺には、明治時代、宮家や華族の屋敷が集中していたという。
いま鳥居坂を歩くと、かすかにその面影が残っている。

浦和レッズ 杉本健勇 レプリカ ユニフォーム

以前は、正直なところ、クラブやディスコ中心の六本木に親しみは持てなかったが、映画会社の試写を見に行くようになってから少しずつ六本木を見る目が変わってきた。軍隊の町、アメリカの町、若者の町と変遷してきた六本木は、いま、また新しいメディアの町として変わってきているのかも知れない。

SATOMIさま8日までお取り置き NICOLE's denim

グラミープラス 3個+おまけ1/2個 その他





六本木の歴史を動画ムービー(MPEG)でお楽しみいただけます。画像をクリックすると別ウインドウが開きます。
【写真でみる歴史】
made in france flower pattern shirt
【森伊蔵】金ラベル 720ml トレーニングシューズ(ボネーラ)

わたしの街のぷち薬局♪リーメント ぷちサンプルミニチュア

DIGITALMARKT.ES RSS